廃れた心にカセットイン!

ドーモ、皆さん。廃児部長と申します。ライトなゲームからヘビーなゲームまで、ゲームばっかりの人生が書き連なっております。 Twitter: @seta0421 PS ID: GN Strike

二人一緒ならどこまでも

兄弟愛って素晴らしいですね。

みんなも家族に優しくしようね。

 

ドーモ、皆さん。親孝行してますか?

僕はろくに出来てないですw

 

急にどうしてそんな事を言い出したのかというとですね、家族モノのゲームをクリアしたからです。その名も・・・

 

[ Brothers : A Tale of Tow Sons ]

f:id:haiji-gm:20170625180504j:plain

〈日本語タイトル〉ブラザーズ:2人の息子の物語

 

こちらのゲームをプレイしたからであります。

私がプレイしたのはPC版ですが、PS4など、多彩なプラットフォームでも配信されているようですね。リリース日が2013年ですので、約4年前のゲームになるわけです。

タイトルからもう既にどんな内容かお察しがつくかとは思いますけど、一応説明しますね。

 

f:id:haiji-gm:20170625183646j:plain

ファンタジーな世界観を舞台にした兄弟の冒険劇をこのゲームは描きます。

主人公の兄弟が幼いころ、母親が嵐に巻き込まれ溺死してしまいます。その死を目の当たりにした弟はそのショックから、泳ぐことが出来なくなってしまいました。母親の死から数年後(?)、突如兄弟の父親が謎の病に苦しみ始めます。心配しながら兄弟は父親を病院に運び込むと、医者は不治の病だと兄弟に告げますが、ただ一つだけ治療する方法があると言います。それは、「はるか遠方にある伝説の木から溢れ出る"命の水"を飲ませれば、お父さんの病気も治る」というものでした。

母親だけでなく父親も失うわけにはいきません。兄弟は力を合わせて、数々の苦難が待ち受ける道中を父親の病気を治すために進みます。

 

というのが、大まかな内容になります。

しかし、ここで皆さんに謝罪しなくてはならないことが一つあります。

あらすじに出てきたセリフや"命の水"などの固有名称は、全て私の憶測

です!!!。ゴメンナサイ!!

 

お前はよくクリアしといてそんな適当な説明が出来たな。とお叱りを受けそうですが、仕方のない理由があるんです!

 

なんとこのゲームには、操作説明以外のセリフが全く存在しない

のです。キャラクターたちは喋りますが、完全な造語なのでさっぱり何を言ってるのかわからないのです。字幕も出ませんしね。

つまり、キャラの身振り手振りだけで物語や何が起きてるかを憶測して理解しなければならないのです。ですが、ムービーの最中に向かうべき場所へカメラがさりげなく向いたり、キャラが方向や物を示したりしてくれて、何が目的なのかすぐに理解できます。演出のみで物語を理解させるこの手法に、私はとても感動しました。

 

f:id:haiji-gm:20170625184507j:plain

青いのが兄、黄色いのが弟

 

このゲームは、独特な操作感を売りにしています。私はPS4コントローラでプレイしたのですが、左スティック&L2ボタンが兄、右スティック&R2ボタンが弟。といった操作を行います。

正直に言うと慣れるまでかなりやり辛いですw左右別の事を強いられるわけですからね。頭の弱い私には慣れるまで40分くらいかかりましたw

 

このゲームは「兄弟の絆」をテーマにしています。

道中には、二人で力を合わせなければ解く事のできない仕掛けが多々存在します。

その最中に会話のようなことを兄弟がしているのですが、やはり何を言っているのかわからない。なのに何故か、そのテーマを感じ取ることが出来るようになっているのです。先日書いた[ 人喰いの大鷲トリコ ]で感じたものに似た、別のモノを感じ取ることが出来ます(トリコほどヒント無しではないので分かりやすいですが)。

恐らく、この感情を呼び覚ますのが、先ほど書いた独特な操作系なのです。

兄が進めば弟も後を追う。その時にスティックはどちらも同じ方向へ倒しています。そういったスティックの動きに、この感情を呼び起こす秘密が隠されています。恐らくブラザーズは、

この操作じゃなければ、普通の分かりにくいただのゲームになっていたと思います。

 

本編自体は大したボリュームはありません。ほんの3~4時間程度でクリアできるでしょう。ですが、物語が終わった後、私はその時間が嘘のように感じられました。それほど濃密な冒険だったのです。

山々を越え、危険な怪物に立ち向かい、様々な種族との出会いがありました。言葉は分からなくても、想像させやすい演出のおかげで目的に疑問を抱く事もなく、美しい世界観に没頭しました。隠し要素もありますので、ちょっと寄り道してみるのも手かもしれませんね。

 

f:id:haiji-gm:20170625192015j:plain

 

家族愛・兄弟愛をテーマとした本作は、多くを語らずとも理解できる素晴らしい演出によって遊びやすく仕上がっています。仕掛けも大して難しくないので、サクサク進められますよ。お値段も高くないので気軽に購入することが出来ます。

 

心温まる兄弟の冒険を是非体感して下さい!

 

 

それでは!